ころーれ・ころーれとは

心惹かれる“色”

“もの”との出会いの場が

「ころーれ・ころーれ」です

〝ころーれ〟とは、 イタリア語で「色」という意味です。
好きな色の「もの」がまわりにあると楽しい気持ちになります。好きな「もの」に囲まれていると、安心できます。

昔から世界中の人々が暮らしの中に様々な色を取り入れて生活をしてきました。

色は、重なり合うことで、新たな色が生まれ、無限に広がつていきます。新しい色、好きな色を見つけるのと同じように、 まだ出会ったことのない自分に出会えるかもしれません。

自分らしい色を仲間とともに見つけ、人生の歩みに豊かな彩りを添えていきたいという願いを込めてつけました。

“ころーれ・ころーれ”の運営は

就労移行支援事業 ころーれの一環です。

「就労移行支援事業」とは、社会に出て働きたいと就職を希望する障害者の方に、働くための知識・能力の向上、職場実習、就職活動、生活・仕事に関する相談などの支援を行う事業です。

その事業のプログラムの一貫として、運営法人である社会福祉法人おおつ福祉会の自主製品を集めたセレクトショップ“ころ一れ•ころーれ”の運営業務を実習プログラムに組み込んでいます。

このウェブサイトの各製品の紹介や撮影、ブログの更新もおこなっています。

就労移行支援事業のコンセプト

就労に向けてのスキルを獲得していくという面と、暮らしを豊かにしていくと いう面の両面から就労を支援しています。

3つのプログラム

就労支援事業の基本コンセプトに沿って、3つのプログラムに分けて、支援・実施していきます。

働く

より職場に近い環境での模擬的な体験やグループワークなどを通して「働く」ことを学びます。

  • “ころーれ•ころーれ”のホームページ・ネットショップの企画・運営

  • パソコンを使って文書作成、表計算などを行い、書類やポスターなどの作成

  • 事業所内の環境整備(清掃·花壇の整備・修繕)

  • 事業所外の見学・実習

  • 職業評価ツールを使ったアセスメント

  • 封入作業・お土産袋作りなどの下請け作業

2階作業室1

2階作業室2

施設外行事/長浜市散策

レクリエーション企画/BBQ・焼き芋

暮らす

芸術・スポ一ツ・社会的な知識等を学びます。さまざまな体験活動を行い「暮らし」について考えます。

  • 衣食住・提出書類の書き方など、生活全般に関する基本的なことの習得。また、趣味など余暇につながることにも取り組む

  • お金の管理の仕方、使い方の習得

  • 体力づくりのため、ストレッチ、筋カトレーニングなどの実施

  • 資格取得など、自分で学びたいことを学習

  • レクリエーションなどの企画・実施

施設外行事/びわ湖バレイ散策

相談する

就職に向けての悩みや余暇の過ごし方も含めて一緒に考える「相談」の時間です。自己理解を深めることを通して地域で安心して暮らしていけるように、サポートしていきます。

  • 障害特性や得意、不得意なことを整理 

  • 健康について悩みや不安を聞きながら、一緒に考える

2階相談室

就職までの流れ

それぞれの方の目標に合わせて、2年間の就労に向けた支援計画をたてます。 暮らし方についても、さまざまな経験を積んでいきます。

就職までの年間の流れ

個々の目標に合わせて、公認心理師・臨床発達心理士・精神保健福祉士・社会福祉士による相談・アセスメント等を実施しながら、支援計画を立てて実施します。 この流れは一例です。

1年目:事業所内での仕事実習

相談
1人ひとりに合わせて就職希望を聞きながら計画をたてます。 職業評価ツール等を使いアセスメントを行います。仕事・生活・利用に関する不安なことなど相談しながら一緒に考えます。

事業所内での仕事・就職準備
事業所内で実際に仕事をしながら働くことを学んでいきます。内容は法人内自主製品を販売するネットショップの運営、メンテナンス、下請け作業などです。就労に向けての準備を行います。対人関係のスキルを学びます。 

2年目:実習・就職活動

職場実習
法人内の他事業所での実習を経験します。 必要に応じて企業等での実習を行います。

就職活動
関係機関と連携をして就職活動を行います。

就職
就職後も困りごとなど相談をしながら、定着に向けて支援を行います。
 

​ネットショップ商品撮影

庭清掃

​食堂清掃

2階作業室1

​下請け作業/お土産袋作り

伝票書類作成練習

とある1日の流れ

利用スケジュールは、個別に相談をしながら決めていきます。

午 前

9:30 始業後、プログラム実施

9:30までに始業準備。ミーティングで1日の流れを確認後、個別面談・セレクトショップ運営・下請け作業・幕張ワークサンプルを使った訓練を実施します。

昼休憩

各自昼食を取ります。給食もしくはお弁当持参してください。 冷蔵庫・電子レンジが使えます。 

午 後

プログラム実施 15:15 終業

個別面談・セレクトショップ運営・下請け作業・グループワーク・スポーツ・芸術・パソコン練習などのプログラムを実施します。 15:00から事業所内分担場所を掃除。 
ミーティング(1日の振り返り)後、各自帰宅します。

1階休憩室

ふうね​内の厨房体験

ご相談・見学をご希望の方へ

就労移行支援事業について、ご質問・ご相談・見学をご希望の方は、『多機能型事業所 ふうね』まで、お電話にてご連絡ください。​

運営事業所

​社会福祉法人おおつ福祉会

多機能型事業所ふうね

​就労移行支援事業B型・就労移行支援事業

〒520-0521滋賀県大津市和邇北浜555番
TEL.077-594-8555  FAX.077-594-4200
開所・見学時間
月曜日から金曜日/9時から16時まで
(土曜日、日曜日 国民の祝日、夏季閉所 年末年始は休み)

アクセス

  • JR湖西線「和邇駅」から
    車で北へ約1.7km
    徒歩で約20分
  • JR湖西線「蓬莱駅」から
    車で北へ約1km
    徒歩で約13分

運営法人

社会福祉法人おおつ福祉会

法人事務局

〒520-0357 滋賀県大津市山百合の丘1番1号
TEL.077-598-8033  FAX.077-598-8008
社会福祉法人おおつ福祉会
多機能型事業所ふうね
就労継続支援B型・就労移行支援
〒520-0521 滋賀県大津市和邇北浜555番
TEL.077-594-8555
FAX.077-594-4200

©Otsufukushikai All rights reserved.