楽しい思い出いっぱいのこだままつり

今回は、こだままつりの様子をころーれ利用者 Sさん の記事で紹介します。


 11月3日、私はころーれでお世話になり初めてのこだままつりに参加しました。

参加するにあたり、私は見に来ていただいたお客様に楽しんでいただくためにはどのようにすればよいのかを考え、「楽しんでいただくには自分も一緒に楽しもう!」ということを心掛けながら参加しました。

 こだままつり当日は良い天気にも恵まれ、10時のスタートにもかかわらずたくさんの方が来場されているのにびっくりしました。

 会場に入りひと通りお店をまわると、いろいろな団体さんや事業所さんのステージが始まり私はその様子を見て「この日のためにみなさんがたくさんの準備や練習をしたんだなぁ」と思いながら見ていました。

 また、ステージのあいだに私は各事業所さんが出品されている商品の撮影に挑戦しましたが顔が写らないよう、手元のみ撮影する方法は相当な技術が必要であることを学びました。



 お昼の時間になり、私は焼きそば・フランクフルト・チヂミ・コーヒーを食べましたがこの模擬店の商品も職員や地域のボランティアのみなさんがいろいろな準備をしながら作ったものなので、出来たてあつあつでとてもおいしくいただきました。

 午後から私は、ふうねのみなさんが毎日作っておられるこんにゃくの売り込みや試食をすすめる仕事に挑戦しましたが実際やってみると結構大変な仕事でふうねのみなさんが手際よくやっておられるのを見て「いつかこんなふうに自然にできればいいな」と思いました。


 空いた時間に私はおみやげに、やぎの置物・刺し子のふきん・毛糸のストラップ・こんにゃく・チョコのパウンドケーキを買いました。どれも手作りの温かさを感じる良いおみやげになりました。パウンドケーキはその日のおやつに、こんにゃくは夕食に家族全員でいただきました。どれもとてもおいしかったです。



                            記事作成日2019/11/22

社会福祉法人おおつ福祉会
多機能型事業所ふうね
就労継続支援B型・就労移行支援
〒520-0521 滋賀県大津市和邇北浜555番
TEL.077-594-8555
FAX.077-594-4200

©Otsufukushikai All rights reserved.