茎ブロッコリーについて

茎ブロッコリーについて、ころーれ利用者JRNさんがまとめてくれました。




茎ブロッコリーは株式会社 サカタのタネが開発し、販売している。ブロッコリーに似た緑黄色野菜。

ブロッコリーよりも花が大きく食用部となる花序は小さく、茎は長く細長い、F1品種でもあるが一方の親は【ブロッコリー】でもあり、もう一方の親はブロッコリーとカイランとの雑種でもある。


別名  スティックセニョール、スティックブロッコリー、ブロッコリー二など

特徴  ブロッコリーと中国野菜【カイラン菜】を掛け合わされた野菜

味    アスパラガスによく似た食感で青臭さや苦みがなく甘みもしっかりとあるので、クセがなく 

     食べやすいやすい野菜


レシピ 茎ブロッコリーとベーコンのニンニク醬油炒め・茎ブロッコリーとツナマヨ和え

     スティックブロッコリーのしょう油炒め・スティックブロッコリーのゴマ和え


保存期間 目安は2~3日です。


食べごろ  植え付けから2か月程度で収穫可能になります。脇芽の長さが(15cm~20cm)にな

        り、側花蕾(そくからい)が500円玉大(2~3cm)になったら食べごろです。


生育温度  生育温度は(18℃~20℃)です。


冷凍・生 どっち 生のまま冷凍するのが正解 茹でてしまうと、ブロッコリーの歯ごたえがなくなってし

           まうからです。


対応策: 茹でずに生のまま冷凍すること 小房に分けてカットして、冷凍しておけば、歯ごたえは

        損なわれない。


春まき…5月~6月  秋まき…10月~12月 です。


 

記事作成日:2022/10/7