新しい春の訪れ

ころーれ利用者Sさんの記事と写真を紹介します。


 長く厳しい寒さもようやく終わり、多機能型事業所ふうね周辺では春の足音が着々と近づいています。

 

 思えば年末から年明けにかけては雪の降る日が多く、防寒ブーツを履いてこないとちょっと大変かなと思うくらいの日もあれば、山からの強風の影響で付近を走るJR湖西線が運転を見合わせた日もあり、普段雪の少ない地域に住んでいるわたしにとっては自然の変化に慣れてきてもびっくりすることがあります。


 ですが、3月に入ると寒さもようやく落ち着き、日を追うごとに暖かくなり周辺では遠くでうぐいすが鳴き始め、足元に目を向けると、野の草花が徐々に咲き始め「この冬は久々に寒かったがようやく春が来たんだなぁ」と思いました。

 

もうしばらくすると、いよいよ桜の季節がやってきます。これを機に、からだを思いっきり動かして新しい春を迎えたいと思います。





記事作成:2022/3/17